記事

【メディア情報掲載】日経新聞に掲載頂きました。

2019.06.19
▼この記事をシェアする

アプリでさらに検索・宿泊しやすく!

業務提携をおこなっている株式会社エニセンスが開発中の”HiQ(ハイク)”という新アプリが日経新聞に掲載されています。

増加する空き家などを民泊に活用して九州の魅力をアピールしインバウント客や、スマホ世代にも気軽に使っていただけるアプリとなっております。

弊社としてはアプリで宿泊できる物件の提供を行い、簡単に宿泊できるようなサービスを展開していきたいと思います。

 

魅力はなんといっても”定額で泊まり放題”

月約4~8万円で約30か所の古民家や宿泊施設へ宿泊できるので、出張で九州を回ることが多い方や、LIVEへ参加する為にホテルへ宿泊される方、国内旅行がお好きな方、国外から旅行に来られる方などたくさんの方にご利用いただけるシステムです。

今後は福岡空港と直通便があるタイや、マレーシアなど九州から旅行しやすいアジアの民泊施設にも広げていきたいと思います。

【日経新聞2019年6月19日朝刊より】

 

 

 

 

記事一覧

物件紹介ページ

ご相談の流れ

記事ページ・実績紹介ページを読んでいただき気になった事例をベースに「自分の物件でもできるの?」「こんな事例は可能?」という疑問や質問事項をフォームにて送信ください。ご紹介内容だけでなく新規事業のアイデアも大歓迎です。一緒に構築していきましょう。弊社より折り返しご連絡をさせて頂きます。